祖父母の背中を機に、地域を担う「農業」の道/高知県 楠瀬智さん

祖父母の背中を見て

楠瀬智さんは、結婚後しばらくして生まれ故郷の高知市へ帰ってきました。めざすは農業の道。楠瀬さんが農業を志したきっかけの1つが、兼業農家をしている祖父母の背中を見ていたこと。祖父母は今も現役で、田んぼでお米を作り、畑ではお芋などを作っています。高齢になった祖父母を支えつつ、農業をしていきたいと楠瀬さんは考えています。

高度経済成長の真っただ中だった楠瀬さんのお父さん世代の中には、農業に着手していない世帯もあり、担い手不足になりつつあるのが現実。それは農業の大変さを間近に見ていたからかもしれません。でも一方で、祖父母の世代が頑張っている姿を見て、孫世代が引き継ごうとしている面もあるといいます。

楠瀬さんは現在、高知県立農業担い手育成センターで研修を受けています。ここでは、今まで学ぶことができなかった、基本的な農業の進め方を学びながら、実際に作物を育てる実習を行っています。講義の中では、農業機械の操作を体験できたり、新しい技術で作物を育てるということを知ることができます。農業の基本のきである「畝をどう作る」ということから、1つずつ丁寧に基本作業を教えてもらいます。農家の研修と組み合せて行うことで、自分のオリジナルな方法を考えていける今の環境がありがたいとも楠瀬さんは教えてくれました。

「研修の中で学べる最先端な技術を使うことで、作業が楽になって効率よく農業ができると感心します。また反対に、昔の農業は大変だったのだろうということも肌で感じます。」と楠瀬さん。新しい技術を自分のものにしつつ、祖父母や昔の方々への敬愛を忘れません。

農業の道を志すことを決意できた研修期間

楠瀬さんが、ここでの研修に至ったきっかけは、高知県農業会議という組織の担い手育成対策の窓口で、農家をしたいけどまだ具体的に決まってないことを相談した際に「高知県立農業担い手育成センター」の存在を教えてもらったこと。農業担い手育成センターでの研修は、まずバスで県内の農家さんをまわる2泊3日の体験型の合宿から参加。その後、会社の有給休暇を使い、単発で機械研修や農業基礎研修に毎回参加し、サラリーマンからの転職の意思を固めていきました。

「自分のまわりはサラリーマンばかり。友達には『ようやるね!』と感心されました。でも、地域に必要な職業だからと覚悟を決めました。」そして、「決められたことをするよりも、自分で考えてより良いものを作っていくために、『あーしよう』『こーしよう』と改良できる点も農業の魅力」だと楠瀬さんは教えてくれました。

今後は農業担い手育成センターでの就農希望者長期研修を終えたら、農家さんの元で1年研修を行い、就農します。高知県は、補助などの面がしっかりしているから、県外からも多くの研修生がやってきているとのこと。そんな仲間と研修することで、学びを深めたり、刺激し合えたりできる環境にとても満足しています。寮もきれいで、お風呂も1階2階に3つ完備でゆっくりつかれます。寮生活も含めた研修に大満足です。

また楠瀬さんは、現在の研修前に、きゅうり農家になると決めて研修に参加しました。事前に決めて研修に入ることで学びも多くなりました。きゅうりに決めたのは、地域の受け入れ態勢がしっかりしていたから。楠瀬さんが今考えている農業の方針は、農業を広げていくことよりも、“継続”してきちんと守っていくこと。実際に農家になるために、着実に自分のものにしていく姿こそが、“継続は力なり”だと感じます。

地域の農業を守っていく覚悟

今後、楠瀬さんは研修を終え、農家になり、地域で仕事をしていくことになります。そんな楠瀬さんが考える農家と地域のつながり。それは「地域になくてはならない職業『農業』は、地域そのものの担い手である」という考えです。県外や市外へ出る人が多く、地域で残したいと思っている消防団や踊りなど残すことが難しくなってきている地域もあります。地域で仕事をしていくことは、このような地域のなくなりかけているつながりをつないでいくことにもなるのではないかと楠瀬さんは思っています。

楠瀬さんの住んでいる高知県は、その面積の8割以上が森林なのです。このような森林を守っていくことも大変と感じながら、「資源がある」と楠瀬さんは捉えています。森林も資源、農地も資源。その資源をいかに、効率よく地域の方々と守っていくかを楠瀬さんは未来を見据えて考えています。

「奥さんは虫が嫌いだから、一緒に農業はできないなー」と話す楠瀬さんの笑顔からは、地域と家族を大事に、農業をしていこうという温かな気持ちを感じました。

高知県
高知県は、小規模な農地でも収益性の高い、ビニールハウスを利用した野菜栽培が盛んです。就農のための情報収集と準備のために、高知県の農業を学んでみませんか?