EVENT

N-1グランプリ開催(新・農業人フェア内イベント)【東京】

募集終了

N-1グランプリ開催(新・農業人フェア内イベント)【東京開催】

新・農業人フェア内で開催するミニセミナーイベント、今注目の個性あふれる若手農業者3名が登壇する「N-1グランプリ」。

新・農業人フェアHP

それぞれの農業自慢や、これから農業を目指す皆さんへのメッセージなどを語っていただきます。三者三様の意欲的な農業の取り組みをぜひステージで応援して下さい。

興味を持った登壇者とは「新・農業人スタート」のブースで直接交流をすることができます。

登壇者 山森壯太氏:株式会社元気もりもり山森農園代表取締役・株式会社虹の橋代表取締役

2010年に会社を退職し、神奈川県三浦市にて実家の家業である農業を継ぐ。継いですぐに、父が他界し母と従業員と一緒に農業をしながら、福祉作業所である株式会社虹の橋を設立し、農業と福祉の法人の両方を運営しながら障害者と一緒に作業をしている。現在社員3名、障害を持つスタッフ約8名で6品目の野菜を主力に、10品目程度を栽培中。年々売り上げも拡大している。休日や給与・作業負担などの面で従業員にとって働きやすい環境づくりやマーケティングに力を入れた経営を行っている。2007年大学卒業、2010年会社を退職、2011年 父の跡を継いで就農・株式会社虹の橋設立、2014年 株式会社元気もりもり山森農園代表取締役就任、2018年株式会社虹の橋代表取締役就任

登壇者 菅沼祐介氏:株式会社のうと代表

大学卒業と同時に移住、研修を経て翌年に農家として独立。学生時代に主催していた農業ボランティア活動を契機に山梨県甲府市中道地域に農業をすることを決意し、現在は就農3年目で20品目以上の作物を生産中。地域へ若者を呼び込む活動にも取り組んでおり、活動が活き始め現在若手農家が増加中。移住、新規就農、農業事業等様々な切り口から自身でイベント等も多数主催。

登壇者 齋藤志穂氏:麓farm共同代表

1982年、長野県の原村生まれ。シクラメン農家の二女として生まれるが、田舎にも農業にも魅力を感じられずに大学進学を機に上京。理学療法士として働くが、徐々に田舎の魅力に気づきUターンを決意。夫が突如就農を決意したことから夫婦で就農し、花苗農家となる。7歳の長男を育てながら共同経営者として農業に携わり、田舎も農業も大好きになっている。生産の傍ら、地域の女性農業者を元気にする活動を精力的に行っている。

開催概要

日程:7月28日(土)
場所:東京国際フォーラム
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-5-1
時間:10:00~16:30のうち30分程度(時間未定)
参加費:無料

※新・農業人フェア内でのイベントです、タイムスケジュールは決まり次第、新・農業人フェアHP内で公開されます
※ご予約は不要です、気軽にお越しください

新・農業人フェアHPはこちら新・農業人スタートはこちら!

【お問い合わせ先】
株式会社パソナ農援隊
担当:廣田、本阪
電話:06-7636-6124(平日9:00~17:30) メール:agri@pasona-nouentai.jp

日時
2018/07/28(土)
10:00-16:30
募集終了
場所
東京
東京国際フォーラム
参加費
無料
定員
40人
会場へのアクセス

有楽町駅より徒歩1分。 東京駅より徒歩5分

東京国際フォーラム

東京都千代田区丸の内3-5-1

EVENT