EVENT

農家のブランディングを考える商品開発ワークショップ

現在募集中

食と農をつなぐアグリビジネス~商品開発ワークショップ~を開催!

農業のブランディングを考える上で「6次産業化」の考え方は欠かせない。1次産業(生産)×2次産業(加工)×3次産業(販売・サービス)で6次産業。農家を囲んで一緒に農家の商品開発について考えてみませんか?

今回は、6次化を実践している方から、直接お話を聞く機会をご用意。秋田県でリンゴやブルーベリー等の生産、自社農産物を使った商品開発を行い、ホテルや飲食店・売店向け販売に取り組む戸嶋農園さんの生の声が聞けます!

クロストークの時間では、ワークショップで作った加工品や果物を試食しながら、食と農のプロフェッショナルである講師のお二人を囲んだ交流会も行います!座談会では、商品開発の気になる質問を講師の方に直接聞くことができますので、お気軽にご参加ください!

農家のブランディングを考える商品開発ワークショップのちらし

こんな方におススメ

6次産業化など農業経営に興味がある社会人、学生

セミナー登壇者紹介

としま農園:戸嶋めぐみ 氏

1979年鹿児島生まれ、4歳から東京で育つ。主人と東京で出会い結婚を機に鹿角市へ移住し現在7年目。ホームシックになりながら義母が営む「戸嶋農園」のお手伝いをし、このリンゴの美味しさを失くしたくないと思い、県のフロンティア研修で果樹を2年間学ぶ。義母のリンゴ農園を手伝いながら、別の畑でブルーベリーとラズベリーの栽培や加工品にも挑戦中。地域では、「あきたアグリヴィーナスネットワーク」「ふっとぱらバンビーヌ」「鹿角風土」のメンバー、きりたんぽFMラジオ「鹿角の昔っこ」のパーソナリティとして活動している。

野菜ソムリエプロ、フードコーディネーター、6次産業化プランナー:田野島万由子 氏

2007年より野菜ソムリエ活動を開始。農業生産法人での従事経験などを積み、2015年に茨城県産ドライフルーツ専門店「マンマカフェ」をオープンさせ、農産物の買い付けから製造、販売までを一貫して行う。食に関する講師、講演のほか、飲食店等へのコンサルティングを始め、農産物を活かした加工品の開発サポートも行っている。実際に農家さんからの加工委託も請け負い、商品化の第一歩を支援している。2019年法人設立、(株)ORIGINESS取締役。

スケジュール

1

14:00-

セミナー開始

2

14:05-14:25

リンゴ農家が取り組む商品開発のリアル

3

14:25-15:55

ワークショップ・加工体験ワークショップ

4

16:00-16:30

クロストーク

5

16:30-17:00

交流会・座談会(自由参加)

詳細

・日程 :9月21日(土)

・時間 :14時00分~16時30分

・場所 :Patia 新御茶ノ水店(東京都千代田区神田駿河台3-1-1大雅ビル6F)

・定員 :20~30名

・参加費:無料

お問い合わせ
株式会社パソナ農援隊
電話:03-6734-1260(平日9:00~17:30)
メール:agri@pasona-nouentai.jp
新・農業人スタートは農林水産省の補助事業として、(株)パソナ農援隊が実施しています

日時
2019/09/21(土)
14:00-16:30
農家のブランディングを考える商品開発ワークショップ
参加する
場所
東京
Patia 新御茶ノ水
参加費
無料
定員
30人
会場へのアクセス

東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」から徒歩1分

Patia 新御茶ノ水

東京都千代田区神田駿河台3-1-1大雅ビル6F

EVENT