EVENT

「地方で働く×デジタル農業」オンライントークセッション

現在募集中

もっと楽し<!もっと楽に!もっと儲かる農業へ!

高知県は、農家所得の向上を目指して取り組んでいる先進技術「環境制御技術」により、 早期に新規就農者が高収量を実現するなど、儲ける施設園芸農業を展開しています。

また、更なる飛躍を目指し、AI やI o Tなどの最先端の技術を融合させ、多様な園芸作物の 生理・生育情報の 見える化と利活用を実す現るI oP (Internet of Plant s) によりさらなる収量増加や高品質化、省力化などを指目した「N e x t 次世代型施設園芸システム」への進化を目指した取り組みを進めています。

私たちは高知での暮らしを考えている方、農業に挑戦してみようという方を応援します。
自宅から学べる当セミナーをぜひご活用ください!

開催概要

日 程:2020年12月19日(土)
時 間:14:00-15:30
会 場:オンライン開催
参加費:無料

講座内容

1

14:00-14:15

IoPで出来ること

IoP試験ハウス から中継

2

14:15-15:00

基調講演「IoPが目指す高知の農業像」

講師

太場次人 さん
デジタルハリウット大学教授、高知県IoPプロジェクト統括アドバイザー等、施設園芸市場におけるIoT及びAI 化の第一人者として、各種プロ ジェクトに参画している。

3

15:00-15:30

トークセッション「地方で働く魅力!デジタル農業の魅力!!」

基調講演の太場さんをファシリテーターとして、高知県内から2名の農家パネリストを迎えデジタル農業の魅力についてトークを展開します!

パネリスト

越智史雄 さん
東京の大手企業に勤めていたが「今までしたことのない新しいことに挑戦したい」と思い、高知県に移住。農業研修を経て高知市でキュウリ農家として新規就農。農業をビジネスとして考え、産地の 仲間とともに、産地担い手の確保育成やIoP試験に取り組んでいる。

宮崎武士 さん
県内の会社に勤めていたが、子供が生まれたことをきっかけに、農業を営む義父の誘いを受けてナス農家に転職。「農家の経験と勘」にっ頼た 農業から、ハウス内の環境や植物の日々 の変化を計測し数値化する ことで、儲ける農業経営を実践。現在は、就農希望者の研修受入からIoP試験に取り組んでいる。

ファシリテーター

太場次人 さん

参加方法

こちらのサイトからお申し込みください(当日の配信用URLをメールでお送りします)。当日の配信開始時刻にPC、スマートフォンで、配信用URLからアクセスしてご参加ください。

※ZOOMを使って配信を行います。
当日の配信までにPC、スマートフォン等でアプリのインストールをお願いします。
※参加による受信料は参加者様のご負担となります。

お問い合わせ先
高知県立農業担い手育成センター
電話:0880-24-0007
メール:aftc2014@ken.pref.kochi.lg.jp

日時
2020/12/19(土)
14:00-15:30
「地方で働く×デジタル農業」オンライントークセッション
参加する
場所
オンライン
オンライン(Zoom利用)
参加費
無料
定員
40
会場へのアクセス

オンライン(Zoom利用)

EVENT