優良事例集

女性が立ち上げた女性だけの農家で美味しい野菜作り

ウーマンメイク株式会社/平山亜美さん/新規就農
「おいしい野菜とともに、次世代をも女性が作る」という想いからつけられた社名の通り、「従業員が全員女性」のウーマンメイク株式会社(以下、ウーマンメイク)。軽量の野菜であるレタスを水耕栽培することで力仕事をなくし、女性の力だけでできる農業を実現しました。野菜の最終的な購入者の大半が女性だからこそ、女性ならではのアイデアや細かさを商品作りの企画や売り方にまで生かしています。その結果、経営的にも成功しており、女性が農業を就業先の選択肢に挙げられる道を作っています。障がい者雇用も積極的に行っていることから、2018年に第5回ディスカバー農山漁村(むら)の宝」の優良事例に選ばれ、さらにアクティブ賞も受賞しました。アクティブ賞とは、優良事例の中でも特に「女性や高齢者、障がい者の活躍がその活動の大きな原動力となっている優良事例」に与えられる賞です。

就農を決めるきっかけとなった出会いは?


妊娠を機に前職を退職した平山さん。一人で子どもを育てながらストレスなく働ける仕事を探していく中で、大分県別府に道の駅を作ろうとしている人たちに出会いました。大学で勉強していた語学やデザインを生かせると活動に加わり、企画書を作りながら道の駅活性化に向けていろいろ調べていくうちに、「野菜がたくさんあれば人が来る」ことに気づきます。そこで、畑で周年さまざまな野菜を作ることを仲間と計画しましたが、見込まれる収入はそれほど多くはありませんでした。そんなとき、地元農業法人の方が「どうせなら儲かる農業をやったら面白いよ」と、県内外の知り合いの農家や農業法人、農家レストランに連れて行ってくれたのです。その中に水耕栽培がありました。仲間が女性だけだったので、「女性だけでやったら面白そう、水耕栽培ならできる」と、起業に至りました。


平山さんが目指す女性が働きやすい職場づくりとは


「おいしい野菜を作る」という目標のほかに、「女性が働きやすい環境をつくる」ことを1番に目指しているウーマンメイク。具体的には大きく2つのことを実践しています。1つは「求職者の女性が置かれている状況だけで判断しない」。自身もシングルマザーの平山さんは、子どもに左右されがちと敬遠されることもあるシングルマザーの就職希望者でも積極的に採用します。もう1つは「従業員の希望で時間の融通を利かせる」。パートは1日3時間を週3日など、出勤日数や時間を選べるようにしています。やる気はあっても子どもの都合で休みが多くなった社員を役員にして、時間で成果を計らないようにしたこともありました。「(子育てや介護で)状況が許さないけれど、やる気があって働きたい、という本人の気持ちを理解し寄り添いたい。長い目で見れば長く働き続けてもらうことは会社にとってもプラスになります」と、平山さんは語ります。ほかにも、子連れ出勤可能、シャワールーム完備、社内イベント開催など、女性が働きやすい環境を整えています。


女性目線を活かした経営戦略として、取り組んでいること


経営にも女性目線を生かしていることがウーマンメイクの戦略ポイントです。利益を上げるために、生産効率を上げながら節約できるところは徹底的に節約。何事も当たり前と思わずに、肥料一つ仕入れるにしても、細かくネットなどで比較したり、購入の仕方を検討したりして、同じもしくは似通った内容のものを少しでも安く手に入れるように努めています。商品そのものにも女性ならではの感性を発揮し、価値を上げています。フォレストレタス、フリルパークレタス、コサージュレタス、ルージュ・コサージュレタスなどの商品名には繊細さや華やかさが光り、SNSで拡散され、会社の知名度を上げています。季節を感じさせ、思わず手に取りたくなるようなパッケージは、商標登録し特許取得済み。


新規就農してからの事業の成果はどうですか?


2015年立ち上げ時の5人から、現在は17人に増えました。売り上げとしては、実質稼働を始めた2016年は4200万円、2年目 6200万円と黒字が続いています。利益を出しながら、雇用の拡大、地域発展を着実に実現しています。


事業成果につながった要因はどんな点ですか?


「地元の農業法人と販売を組んだり、作業場と事務所を共同で立ち上げて使ったりといった協同体制をとることで、初期投資を抑えられた上、初年度から販路を確保できたのが大きかったです」と平山さんは振り返ります。ほかにも、若い女性が立ち上げた女性だけの農家ということでメディアに取りあげられる機会があり、知名度をあげられたことも成功に一役買っています。

住所大分県国東市安岐町大添572番地1
代表者名平山亜美
作目等リーフレタス
従業員役員等3名、パート・アルバイト14名
URLhttps://womanmake.net/

新農業人スタートのメールマガジン!イベント情報などさまざまな情報をお届けします。