優良事例集

「みんなで創る、みんなで育む」体験型農業を実践

株式会社キャルファーム神戸/大西雅彦さん/次世代継承
緑豊かな兵庫県は神戸市西区にある株式会社キャルファーム神戸(以下、キャルファーム神戸)。現在、トマトを主軸にイチゴ、アスパラガスのほか、農業体験用の野菜各種を栽培しています。「みんなで創る みんなで育む」をミッションに、「生産者と消費者」と立場を分けるのではなく「みんなが“農業”と“食”の当事者であることを感じてほしい」という思いで、体験型農業を実践しています。2代目となる代表取締役の大西雅彦さんの経験やノウハウを生かした、企業向け社員研修としての農業体験など、さまざまな支援サービスも展開しています。

事業継承した今、感じている課題は?


もともとはエンジニアとして会社勤めをしていた大西さん。両親から、コメの栽培とトマトの施設栽培を受け継ぎました。しかし、時代と共に経済状況、市場流通が変化する中、単一品目で収益を上げることに限界を感じます。天候次第で収穫量が大きく変わり、それに伴って売り上げが左右されてしまう現状。大西さんは、収穫量の影響を大きく受ける経営のあり方に課題を見出し、抜本的な収益構造の改善に乗り出すことにしました。


目指している農業経営の方向性は?


生産高を上げるために耕作面積を大きくするのではなく、単位面積当たりの売上高の向上を目指して、さまざまな事業に取り組んでいます。また、既存の農産物の取引のあり方に疑問を感じた大西さんは、農家を営む上で必要不可欠なのは経営感覚だと分析しました。「時代の変化に対応しながら、マーケットリサーチをする。そして作物転換を視野に入れつつ、その規模拡大や設備投資は本当に必要なのかを冷静に考える」という視点で、常に事業内容の見直しと改善を行っています。また、野菜の生産に依存するのではなく、サービス、教育における事業で収益を上げることで、経営の安定を図っています。


サービス、教育の分野で、取り組む事業とは?


野菜の大小や形ではなく、重さで価格を決定しているキャルファーム神戸。大西さんが伝えているのは「用途別に選ぶ」ということ。加工用として出荷するなど、野菜の個体差を生かした販路を構築しています。「形や大きさが異なって当たり前の農産物なのだから、もっといろいろな価値軸があっていいはず」と大西さんは言います。また、農業における自身の経験や実践を通して得た経営感覚を伝える、農業従事者向けの育成サービスを展開しています。個人事業主として必要な経理業務や商談におけるノウハウなど、「経営者」の基盤となる考え方を学びたい人にアドバイスするというものです。同時に、農業の魅力を伝える事業も立ち上げ、その一環で主に企業向けサービスとして農業体験などの場を提供しています。


教育分野で見つけたビジネスチャンスとは


こうしたサービスは、社員研修として企業と年間契約を結ぶなど、生産農家であったキャルファーム神戸の収益構造を変えることにつながりました。農業以外の企業からも、農業体験を通して社内の人材育成や交流、意識改革につながる取り組みとして評価を得ています。「がんばっても結果が必ず出るわけではないのが自然界。それでもまた次の春がきたら新しい芽ががんばって出てきてくれる」という自然の摂理に触れる農業体験は、仕事と向き合う姿勢やビジネスセンスを養う機会にもなっています。体験に参加した人は、いわゆる規格外の野菜も喜んで持って帰るのだとか。大西さんいわく、「それは『苦労して自分で収穫した』という規格だから」。農産物に対する多様な価値観を提供できたことを実感しています。


農家の2代目としての強みとは


大西さんは自身が2代目として就農したメリットとして、既に設備投資や生産に関わる基盤が整っていることと、地域との関係性も継承されることとを挙げています。親から農業を引き継いだことにより、周りの先輩農家の人たちが喜んで手を差し延べてくれたこともあったそうです。「農業の技術や環境は日々変化するから、常に探究し続けることが大切」と話す大西さん。基盤が整っているからこそのしなやかなチャレンジが続きます。

住所兵庫県神戸市西区岩岡町印路56番地
代表者名大西雅彦
作目等トマト、ミニトマト、イチゴ、アスパラガスなど露地野菜
従業員役員等3名、常時雇用社員2名
URLhttp://www.calfarm-kobe.com/

新農業人スタートのメールマガジン!イベント情報などさまざまな情報をお届けします。