優良事例集

「福祉」に着目した農業経営で三浦大根を育てる

株式会社元気もりもり山森農園/山森壮太(写真:右端)さん/ホワイト企業
地域特産の三浦大根の他、ニンジン・タマネギ・ホウレンソウなど、年間を通して13品目ほどの野菜を栽培している株式会社元気もりもり山森農園(以下、山森農園)。最大の特色は、代表取締役の山森壮太さんが2011年に設立した福祉作業所である株式会社虹の橋との連携で、障がい者とともに農業を行っていることです。一般的な農家だった父親の跡を継いで就農した山森さんは、「福祉」に着目した経営を展開しています。

地域密着型の経営に、取り組んでいること


温暖な気候を生かして、さまざまな作物の産地として知られる三浦半島。しかし、茨城・福島・千葉・埼玉といった少品目大量生産・大量出荷が可能な地域と比べると、農地が少ない上に人件費の高い神奈川県の農産物は、大都市の中央卸売市場における競争力が発揮しにくいのが現状です。そこで、山森農園では「福祉」という新たな要素に活路を見出し、地域の人々に喜ばれる作物を生産する、地域密着型のモデルを構築しています。きっかけは、農業を営んでいた山森さんの父親の死でした。大黒柱を失った影響で一時的に経営が傾き、それまで作業員として働いていた障がいがあるスタッフたちに仕事を出すことができなくなってしまったのです。その受け皿として、山森さんは虹の橋を設立。就労継続支援B型事業所として、就労の意思はありながら一般企業に就職しにくい人たちに働く場所を提供する事業をスタートさせました。その後、父親の設立した山森農園を継ぎ、代表取締役に就任。農業を障がい者たちの就労の場として活用する事業モデルを模索しつつ、地産地消の野菜作りに取り組んでいます。


従業員が働きやすい環境づくりとは?


山森農園の正社員は、山森さんと健常者の女性、そして知的障がいがある男性の3人です。その他、虹の橋から障がいがあるスタッフ15人が作業に参加しています。一般的な会社と違って農業は休日に縛られずに勤務できるメリットがあります。「体調などの変動もあり、決められたスケジュールで働くことが難しい障がい者でも、働きやすい職種」と山森さんは言います。山森農園でも、女性社員は一般的な週休2日制ですが、男性社員については前月までにスケジュールを申告してもらうシフト制のスタイルを取っています。その他にも休みが必要な際は残りのメンバーでフォローしあう緩やかな体制を整えています。


積極性を引き出していく「双方向性」とは


知的障がい者を社員として雇用するにあたり、山森さんが評価したのは「養護学校やグループホームで過ごした経験がある」という点です。障がいがあるスタッフも多くかかわる山森農園では、障がいに起因する独特の行為や行動に対して過剰に反応せず、当たり前に振る舞えることが求められます。障がい者を職場に受け入れる工夫として、山森農園は社員の評価基準を「基本行動」「基本能力」「オペレーション能力」の3ジャンルにおいてトータルで300ポイントに細分し明確化しています。一方で、「農園のビジョンにどう貢献できるか」を意識した上で個人の目標を設定することや、「作業中の事故およびヒヤリハット事例の報告と改善点の提案」など、社員一人ひとりが能動的に農園運営に関わっている実感が得られるよう工夫しています。また、普段から経営者と雇用者という固定的な関係になってしまわないよう、雑談や無駄話によって情緒面のコミュニケーションを深めることも意識しています。「双方向性」をもったコミュニケーションで社員の積極性を引き出していく──山森農園では、個々の能力の違いはあっても一人の社員として認め、その能力を最大限に発揮してもらえるよう、さまざまな面で「バリアフリー」な職場づくりを実現しています。


経営していく中で大切にしていること


2015年からは、農業分野への障害者就労の促進を図る「関東農政局・障害者就農促進協議会」の神奈川県幹事も務める山森さん。「地域との共生を図りながら就労を生む農業を目指し、規模の拡大はできなくても事業としての発展の可能性を決して諦めない」と、自らの理想の実現に向かい、今日も農業と向き合っています。

住所神奈川県三浦市南下浦町金田1877番地
代表者名山森壮太(写真:右端)
作目等野菜
従業員役員等2名、常時雇用社員2名
URLhttp://farm-yamamori.com/

新農業人スタートのメールマガジン!イベント情報などさまざまな情報をお届けします。