優良事例集

農福連携にも取組み、自分らしさを大切にする働き方を実現

株式会社アグリ―/井上早織さん/ホワイト企業
三重県名張市で、葉物野菜を水耕栽培で生産する、株式会社アグリー(以下アグリー)。都会で暮らす専業主婦だった代表の井上早織さんは、食の安心・安全を求めて、夫婦で農業の世界に飛び込みました。主婦、そして女性ならではの視点で、質の高さとおいしさにもこだわった野菜作りに取り組んでいます。井上さんは、農業と福祉を掛け合わせた事業展開に可能性を感じ、NPO法人あぐりの杜(以下あぐりの杜)も設立しました。障がい者の雇用、就労訓練など、アグリーとあぐりの杜による「農福連携」の取り組みは、「誰もがやりがいや成長を感じられる社会」の実現に、農業を通して貢献しています。

主婦からの新規就農。農業経営として目指すものは?


アグリ―は、誰もが「自分らしさ」を大切できる働き方の実現を目指しています。そして、経営の安定を図るため、生産過程の見える化を図り、小学校での食育活動や、SNSでの発信など、消費者にアグリーの誠実な農業経営を知ってもらい、リピーターやファンを増やすためのブランディングに力を入れています。また、あぐりの杜と連携した多角経営も、安定かつ持続可能な経営戦略の一つとなっています。「主婦からの新規就農で、農業を生業にしていくことの厳しさや大変さを体感した」と話す井上さん。直面した課題をそのままにせず、農業界の変革を視野に、一つひとつ打開と発展に力を注いでいます。


効率的な働き方への環境づくりは?


正社員のほか、限られた曜日のみ勤務するパートが従事するアグリー。両者の勤務時間のバランスをとることで正社員の負担を軽減し、完全週休2日制を実現しています。また、ITの導入で、業務の簡素化やペーパーレス化を図っています。こうした仕組みをつくることは、属人化した業務を減らすことにもつながり、介護や家族の病気など、何らかの事情による欠勤や退職が出ても、代わりに業務に当たることが可能となっています。また、あぐりの杜との連携で、障がい者と共に働く現場では、整理整頓、道具の置き場の固定化や、道具に名前を表記することを徹底するなどの細やかな配慮によって、働きやすい職場づくりにつながりました。


個々の個性を反映させられる評価制度とは?


従業員が自分らしさを大切にしながら成長することで、企業としても成長できると考えるアグリーでは、個々の個性を反映させられるような評価制度に取り組む予定です。会社が掲げる評価項目に対して自己評価をし、不足している項目について上司と共に達成方法を考え、実行していきます。また、細かな数値目標を設定し、成果は給与などに反映されます。従業員一人ひとりが目標達成への道のりを一緒に考えることで、職場環境の改善点が顕在化することもあります。そうした場合は、個人が能力を発揮できるよう、できる限り設備投資や環境改善に取り組み、従業員と会社が一緒にステップアップすることを目指しています。そうした取り組みを通じて「個々の長所・短所を互いに理解し、得意なことを伸ばしてもらいたい」と井上さんは考えています。


井上さんが感じている農業の可能性とは


今後アグリーでは、一万坪の土地で古民家民泊カフェを運営したり、小松菜餃子などの加工食品を製造したりと、さまざまな事業展開を予定しています。「農業をベースに広げられるビジネスのおもしろさ」を実感する井上さん。自然災害などあらゆる困難があっても、再び命が芽生え、青々と繁る葉から命の力強さを感じられる農業に、大きな魅力を見出しています。

住所三重県名張市南古山2075
代表者名井上早織
作目等水耕栽培野菜生産
従業員役員等2名、常時雇用社員2名、パート・アルバイト2名
URLhttps://agree-nouen.com/

新農業人スタートのメールマガジン!イベント情報などさまざまな情報をお届けします。